Google
 
Web events.biosciencedbc.jp/

twitter bird

  ライフサイエンスデータベース統合推進事業

統合化推進プログラム 統合データ解析トライアル

平成26年度研究成果報告会

 


開催趣旨:
科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)では、データの共有と統合化を推進することにより、我が国のライフサイエンス研究から生み出されるデータの価値を最大化することを目指して、平成23年度より「統合化推進プログラム」を実施してきました。さらに、平成25年度より、このプログラムの一環として、「統合データ解析トライアル」を開始いたしました。本プログラムは、「統合化推進プログラム」の成果であるデータベースを対象に解析プログラムやツールを作成し、新たな活用方法を探ることに挑戦するものです。
平成26年度 「統合データ解析トライアル」は、研究開発期間が6ヶ月という短期間のプログラムですが、4名の研究者が熱心に取り組み、このたびの研究成果報告会の開催に至りました。発表と意見交換を通して、今後のさらなるツール開発につながることを期待しております。 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

trial2014

日   時: 2015年3月28日(土) 13:00 ~ 15:20 (開場 12:30)

会   場: JST東京本部(サイエンスプラザ) B1F大会議室
        (東京都千代田区四番町5-3 ➡アクセス

定   員: 100名(参加費無料)

参加申込: 事前の申込受付は終了しました。
        お席にまだ若干の余裕がございますので
        参加を希望される方は当日直接会場にお越し下さい。

主   催: 独立行政法人科学技術振興機構(JST) 
         バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)


プログラム:

13:00~13:05 開会挨拶

13:05~13:35 「PDBjタンパク質をゲノムにマップしたpdbBAMの作成」
           /城田 松之 (東北大学大学院医学系研究科 助教)
13:35~14:05 「RDFストア間データ連結フレームワークの開発およびオーソログ解析への適用」
           /千葉 啓和 (基礎生物学研究所 ゲノム情報研究室 研究員)
14:05~14:35 「生化学反応ネットワーク統合解析環境の拡張」
           /西田 孝三 (理化学研究所 生命システム研究センター テクニカルスタッフ)
14:35~15:05 「HLA遺伝子完全配列決定パイプラインの構築」
           /細道 一善 (国立遺伝学研究所 人類遺伝研究部門 外来研究員)

15:05~15:15 全体質疑

15:15~15:20 閉会挨拶

 

お問い合わせ:科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)企画運営室
          mail jst-kikaku bold