Google
 
Web events.biosciencedbc.jp/

twitter bird

統合データベース講習会:AJACS千里AJACS千里ポスター

 統合データベース講習会は、生命科学系のデータベースやツールの使い方、データベースを統合する活動を紹介する初心者向けの講習会です。
 今回の講習会では、1日目は、生命科学系データベースのカタログ、横断検索、アーカイブの使い方に加えて、ゲノム配列データベースの使い方、次世代シーケンサのデータベース解析に必要なデータベース・ツールの紹介や、KEGG PATHWAYを例にパスウェイデータベースの使い方、2日目は、文献データベースや、遺伝子発現データベースの使い方、ゲノムアノテーション、データの可視化についてご紹介します。参加者全員がハンズオンでコンピュータを使いながらの講習です。

 

  • 対象: 生命科学分野のデータベースを利用したい、研究に役立てたい方(初心者向け)
  • 日時: 2015年6月16日(火)10:30~17:50
           6月17日(水)10:30~17:50
  • 会場: 大阪大学吹田キャンパス工学研究科C3棟5階サントリーメモリアルホール
         (大阪府吹田市山田丘2-1)
         【アクセスキャンパスマップ
  • 定員: 約50名
  • 参加費: 無料
  • PC:  ご自身のPCをお持ち込みください。
  • 申込: 申し込み受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

  • プログラム   講習資料はこちらのサイトをご覧ください。

6月16日(火)
10:30~12:00  「NBDCの紹介とNBDCが提供するサービス」  
            ・・・・ 櫛田 達矢(科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター)
12:00~13:00     昼食 

13:00~14:30  「ゲノム配列DBの使い方」
            ・・・・ 坊農 秀雅(情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)

14:30~14:40  休憩

14:40~16:10  「次世代シーケンサー(NGS)と関連するデータベース・ツール」
            ・・・・ 河野 信(科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター
                  /情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)
16:10~16:20     休憩

16:20~17:50  「パスウェイ情報を中心としたKEGG/GenomeNet Webサービスの紹介」
            ・・・・ 武藤 愛(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科)


6月17日(水)
10:30~12:00 「文献情報関連のサービスを活用する」
            ・・・・ 山本 泰智(情報・システム研究機構ライフサイエンス統合データベースセンター)
12:00~13:00     昼食 

13:00~14:30 「遺伝子発現DBの使い方」
                   ・・・・ 坊農 秀雅(情報・システム研究機構ライフサイエンス統合データベースセンター)

14:30~14:40     休憩

14:40~16:10 「微生物におけるNGSデータからゲノムアノテーションまで」
            ・・・・ 藤澤 貴智(国立遺伝学研究所大量遺伝情報研究室)
16:10~16:20     休憩

16:20~17:50  「Cytoscapeを使ったデータの可視化」
            ・・・・ 櫛田 達矢(科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター)

 

  • お問い合わせ: 統合データベース講習会事務局 までメールにてお問い合わせください。

 

 

※AJACS(「あじゃっくす」と発音)とは・・・
ライフサイエンス分野のデータベース統合を担う人材、アノテーター(Annotator)、キュレーター(Curator)、システムデータベース管理者(System DB administrator)の総称です(All Japan Annotator/Curator/System DB administrator)。AJACSな人は、統合データベースの作成、維持、管理にかかわる新たな職種です。
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」(平成18年度~平成22年度)においては、主としてライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS: Database Center for Life Science)を担う人材として期待されてきました。平成23年度からは講習会等も新たな体制で実施されることになり、より幅広く活躍できるAJACSが生まれることを願っています。