Google
 
Web https://events.biosciencedbc.jp/

twitter bird

第91回日本生化学会大会(JBS2018)

JBS-NBDC共催企画
統合データベース講習会:生命科学分野のデータベースとツールを使いこなす

第91回日本生化学会大会(2018年9月24日~26日、国立京都国際会館)において、日本生化学会とNBDCの共催企画として、シンポジウム「統合データベース講習会:生命科学分野のデータベースとツールを使いこなす」を開催します。

近年の解析・測定技術の進歩により、生命科学の研究現場で生産されるデータの種類や量、それらに関する文献等の情報も爆発的に増大しています。今後、研究を効果的・効率的に進めていくためには、これら多種多様な研究データ・情報が登録されたデータベースを利活用することが、必須条件となっています。NBDCでは、研究データ・情報の共有と再利用を通じて生命科学研究を推進することを目的として、必要な情報やデータを探す・解析するためのサービス提供、データを共有するためのプラットフォーム構築を行うと同時に、それらの実現に必要な研究開発を行っています。

本シンポジウムでは、「興味ある研究分野のデータベースや情報を網羅的に探したい」、「データの解釈に役立つツールが欲しい」、「手持ちのデータを有効活用したい」といった要望に応える、すぐに使っていただけるデータベースやツールをご紹介します。

日時 :2018年9月25日(火)12:45~14:45
会場 :国立京都国際会館 第3会場(B-2)
セッション番号:2S03a

シンポジウムのウェブサイトはこちら

 

発表内容

「データベースを使いやすく」:NBDCのサービス紹介と目指すデータベース統合の形

  • 箕輪 真理(科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター、情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設ライフサイエンス統合データベースセンター)

 

ゲノム医科学に必要な情報基盤としての日本人ゲノムデータベース

  • 三橋 信孝(科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター)

 

今日から使える遺伝子発現データ解析ツールの紹介

  • 小野 浩雅(情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設ライフサイエンス統合データベースセンター)

 

文献情報関連サービス活用法

  • 山本 泰智(情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設ライフサイエンス統合データベースセンター)